【流音化】韓国語の発音変化③~流音化のルールを極める~

韓国語の流音化

こんにちは、ちびかにです!

韓国語には、7つの発音変化のルールがあります。

今回はその内の1つ「韓国語の流音化(りゅうおんか)」を説明していきます。

ちびかに

流音化は舌側音化(ぜっそくおんか)と呼ばれることもあるよ

発音ルールを知らずに発音すると、間違った発音になりうまく伝わらないことがあります。1つずつしっかり覚えていってくださいね!

韓国語の流音化とは?

韓国語の流音化をすごーく簡単にいうと、パッチムとその次の子音がㄹ ㄴのとき、になる変化の事です。

とらくん

むむむ・・・

この説明だけでは分かりにくいので例をあげて説明していきます。

流音化のルール

パッチムがでその次に来る子音が、またはパッチムがでその次に来る子音がの時、になります。

流音化

ちびかに

1つずつ説明していくね

パッチムが「ㄴ」で子音が「ㄹ」

연락

意味:連絡

パッチムがで次に子音があるので、パッチムの発音はに変化します。

なのでそのまま読むと「ヨンラク」ですが、実際の発音は 【열락(ヨルラク)】となります。

편리

意味:便利

これもパッチムがで次に子音があるので、パッチムの発音はに変化します。

なのでそのまま読むと「ピョンリ」ですが、実際の発音は 【펼리(ピョルリ)】となります。

신랑

意味:新郎

これもパッチムがで次に子音があるので、パッチムの発音はに変化します。

そのまま読むと「シンラン」ですが、実際の発音は 【실랑(シルラン)】となります。

パッチムが「ㄹ」で子音が「ㄴ」

설날

意味:お正月

さっきとは逆に、今度はパッチムがで次に子音があるので、子音の発音はに変化します。

なのでそのまま読むと「ソルナル」ですが、実際の発音は 【설랄(ソルラル)】となります。

일년

意味:1年

これもパッチムがで次に子音があるので、子音の発音はに変化します。

なのでそのまま読むと「イルニョン」ですが、実際の発音は 【일련(イルリョン)】となります。

실내

意味:室内

パッチムがで次に子音があるので、子音の発音はに変化します。

そのまま読むと「シルネ」ですが、実際の発音は 【실래(シルレ)】となります。

スポンサーリンク

韓国語の流音化のまとめ

舌側音化のルールは下の1つだけです!

流音化のルールパッチムㄴ ㄹ+子音ㄹ ㄴの時、ㄴはㄹに変化する!

有声音化や連音化のようにいくつもルールがあるわけではないので、ちょっと気がラクですね!

ただ読み慣れていないと難しく感じるし、間違えて読んでしまいます。私もはじめの頃はよく間違えていました(笑)

とらくん

発音の変化は慣れないと難しいよな~
焦らなくていいから、少しずる見慣れて読めるようになってね!

ちびかに

\ 一緒に見てほしい記事 /

韓国語の発音変化韓国語の発音変化を徹底解説!これでパッチムの発音も完璧

コメントを残す