【韓国生活】留学中の水道・光熱費を大公開!

こんにちは、ちびかにです!

今回は私が留学中に支払った韓国の水道・光熱費について書いていこうと思います。

ハスク(日本で言う寮みたいな感じ)などに住んでいれば大家さんが支払ってくれるのですが、私はワンルームに住んでいたので、水道・光熱費は自分で支払っていました。

物件によっては、大家さんが建物全体でかかった水道・光熱費を部屋の数で割って請求するところもあるようです。

韓国で一人暮らしを考えている人は、家賃の他にもこういった費用が掛かってくるので参考になればと思います!

ちびかに

では早速大公開するよ~!

韓国の水道光熱費は高い?安い?

今韓国は賃上げがものすごい勢いで進んでおり、最低賃金が2017年の6,470wから2018年は7,530wと前年比16.4%も上がっています。

そのため食品や生活用品なども徐々に値上げが進んでいるのが現状です。そういったものに関して日本と比較しても特段に安いイメージはなく、あまり変わらないと思った方がいいです。

ただライフラインであるガス・水道・電気代に関しては日本よりも全然安いです!!

とらくん

ホントこれはありがたいね~

たぶん日本で一人暮らししてた人が韓国いったらビックリすると思います!

「桁間違ってないかっ?!」て疑ってしまうぐらいです。

私は初の一人暮らしが韓国だったので、「こんなもんかぁ~」とそのありがたみは感じられなかったんですがw

韓国のガス代

ガス代は平均して大体ひと月9,000ウォンぐらいでした。当時のレート換算で810円ほどです。

一番安かった時で7,000ウォンです。

私が住んでいたところは、IHコンロだったのでガス代は主にシャワーを使う時と、冬場オンドルを使った時に発生した分になります。

ソウルの冬は最低気温マイナス10℃は当たり前で、マイナス20℃になることもあります。

なのでほとんどの家庭では冬場はオンドルという床暖房を使います

私のお家にもオンドルがあったので冬の寒い日にはよく使っていました。

ただ、使い方がイマイチ分からず温度を上げすぎてしうと、部屋の中がサウナ状態になり夜眠れない・・・なんて事もありました。

そんな冬場のガス請求がこちら↓

通常の3倍以上です!!!

とらくん

こ、これは驚きだな!!

この請求書が届いたとき、自分の目を疑いましたw

「他の人の請求がまとめて私に来たんじゃないの?!」とさえ思いましたw

でもこれは真冬のソウルでオンドルを使ったにしては全然安い方みたいです。同じ一人暮らしの人でも10万wぐらいの請求が来る人もいるとのこと。

ただ私は昼過ぎに学校が終わって一旦家に帰り、昼食食べたり部屋の片づけをしたらまた外出し、その後家に帰ってくるのは夜の8時過ぎぐらいでした。

なのでずっとは家にいなかった事と一人用の電気カーペットを使っていたので、部屋にいる時は大体カーペットの上にいた事が功を奏しそんなに高くなかったのかもしれません。

それと韓国の冬は乾燥がすごいです。なので家にいる間はずーっと加湿器を使っていました。

そのおかげもあってか少しは暖かさを保てたのではないかと思います。

スポンサーリンク

韓国の水道代

韓国の水道代は日本と同じように2カ月に1回まとめて請求されます。

大体一回の請求で1万ウォンぐらいだったので、月5,000ウォンぐらいです。(当時のレート換算で450円ぐらい)

夏場ももちろんですが、冬場は体が温まるまでシャワーを浴びていたので特に節約して使ったという感じはありません。

洗濯もほぼほぼ毎日していましたし、料理して食器を洗ってと水はよく使っていたほうだと思います。

ちびかに

それなのに月5,000ウォンってホントありがたい金額!

韓国の電気代

電気代は平均して7,000ウォン~8,000ウォンといったことろです。(当時のレート換算で700円前後)

一番安い時で5,500ウォン,一番高い時で11,770ウォンでした。

私のお家はIHコントだったので、ガスコンロのお家に比べたらその分若干高くなったんじゃないかと思います。

私が韓国に行ったのは8月の終わりだったので、エアコンは使っても2~3回程度でした。

なのであまりエアコン代がかからず高くなりませんでしたが、真夏に気にせずガンガン使うと5万ウォン以上請求が来るようです。

なので扇風機などを使って暑さをしのぐと言うのも一つの手です!

安いものなら2万~3万ウォンで売っているので経済的です。

まとめ

韓国の一人暮らしでかかった水道・光熱費は大体ひと月平均2万2,000ウォンといった感じです。

冬場はオンドルを使って+3万ウォンでした。

これは私の場合なので、夏場エアコンをガンガン使ったり、冬場オンドルを常に付けた状態にしているともう少し光熱費は高くなると思います。

なので節約のために扇風機を使ったり、電気ヒーターや電気カーペットを上手に使うことをオススメします!

ただ、夏場は日本と同じように暑いですし冬場は死ぬほど寒いので、適度にエアコン・オンドルを使った方がいいですよ。(外国で体調崩すと逆に大変ですからね~)

関連記事のIDを正しく入力してください

コメントを残す