「~の」を韓国語で言うと?所有を表す助詞の文法をマスターしよう!

韓国語の「~の」の言い方

こんにちは、ちびかにです!

今回は「~の」の韓国語の言い方を説明します。

この文法は「誰々の~」「何処どこの~」と言う時に使う所有を表す「~の」(助詞)の文法です。

「~の」の韓国語の文法

「~の」の文法名詞+의

名詞のあとにを付けます。パッチムがあってもなくてもそのまま付ければ大丈夫です。

이것은 선생님의 가방이에요.
読み:イゴスン ソンセンニメ カバンイエヨ.
意味:これは先生の鞄です。

오늘은 친구의 생일이에요.
読み:オヌルン チングエ センイリエヨ.
意味:今日は友達の誕生です。

ちびかに

会話の中だと의は言われないことがよくあるんだよ。

오늘은 친구 생일이에요.(会話)
読み:オヌルン チング センイリエヨ.
意味:今日は友達の誕生です。

のようにが言われないことがしばしばあります。

「~の」の韓国語の文法【注意点】

の文法では2つの注意点があります!

「私の~」

「私の~」と言うときは의は使いません!「私の~」の言い方は2つあり、

  • 제(チェ)➝丁寧な言い方
  • 내(ネ)➝フレンドリーな言い方

どちらかを使います。男性でも女性でも、性別で言い方を変える必要はありません。

は丁寧な言い方の「私」の저+의の形です。目上の人や上司、年下でも初めてあった人にはを使います。

はフレンドリーな言い方(タメ口)の「私」の나+의の形です。友達など親しい間柄であればを使います。

ちびかに

どちらも日本語だと「私の~」だけど、韓国語だとニュアンスが変わって相手に与える印象も違ってくるからしっかり区別して使ってね!

読み:チェ
意味:私の

제 우산이 어디에 있어요?
読み:チェ ウサニ オディエ イッソヨ?
意味:私の傘はどこにありますか?

読み:ネ
意味:私の

이거는 내 책이에요.
読み:イゴヌン ネ チェギエヨ.
意味:これは私の本です。

「私たちの~」

「私たちの~」もを使わず、単独での言い方があります。

  • 우리(ウリ)
  • 저희(チョイ)➝우리の謙譲語

どちらかを使います。男性でも女性でも、性別で言い方を変える必要はありません。

そして韓国では「私の~」ではなく「私たちの~」という意味の우리(ウリ)を付けることがよーくあります。

  • 家族(のこと)
  • 学校
  • 母国

これらに関しては우리をつけて言います。

우리 아버지는 선생님이에요.
読み:ウリ アボジヌン ソンンニミエヨ.
意味:うちのお父さんは先生です。

우리 학교는 너무 커요.
読み:ウリ ハッキョヌン ノム コヨ.
意味:うちの学校はとても大きいです。

우리 나라는 너무 좋은 곳이에요.
読み:ウリ ナラヌン ノム チョウン ゴシエヨ.
意味:うちの国はとても良い所です。

スポンサーリンク

『「~の」の韓国語の文法』のまとめ

「~の」の文法名詞+의

  • 会話では省略されること多々あり!
  • 「私の~」「私たちの~」は単独での言い方あり!
  • 韓国では우리を使った表現をよくする!

名詞にを付けるだけの簡単な文法なので、迷うことはないと思います。ただ、「私の」「私たちの」の言い方には注意してください!

コメントを残す