「~を」を韓国語で言うと?超基本!助詞の使い方を勉強しよう!

韓国語の「~を」の言い方

こんにちは、ちびかにです!

今回は「~を」の韓国語の言い方を説明します。

この文法は「これを~」「あなたを~」と言う時に使う「~を」(助詞)の文法です。

韓国語は、日本語と同じように「助詞」を使って文章を組み立てます。その「助詞」の中でも一番と言っていいぐらいよく出てくるのがこの「~を」の助詞です。

ちびかに

しっかりマスターしてね!

「~を」の韓国語の文法

「~を」の文法

  • 名詞(パッチムなし)+를+動詞
  • 名詞(パッチムあり)+을+動詞

名詞にパッチムがあるかないかによって를/을を使い分けます。

韓国語は日本語と同じ語順で成り立っているので、日本語を使う時と同じように「~を」の文法を文中に入れればオッケーです。

ちびかに

日本語の語順と同じように「~を」を使えばいいから、品詞とかはあんまり考え込まなくて大丈夫だよ!

ただ、名詞にパッチムがあるか無いかで文法が変わってくるので、そこはしっかりと見極めてくださいね!

「~を」の文法「를」

韓国語の「~を」를
名詞の最後にパッチムのない単語が前にくる場合、を付けます。

시계를 사요.
読み:シゲルル サヨ.
意味:時計を買います。

전화를 해요.
読み:チョナルル ヘヨ.
意味:電話をします。

과자를 먹어요.
読み:カジャルル モゴヨ.
意味:お菓子を食べます。

「~を」の文法「을」

韓国語の「~を」을
名詞の最後にパッチムのある単語が前にくる場合、を付けます。

パッチムとが連音化して発音が変わるので読み方には注意してください。

連音化とは?

책을 읽어요.
読み:チェグル イルゴヨ.
意味:本を読みます。

사진을 봐요.
読み:サジヌル バヨ.
意味:写真を見ます。

창문을 열어요.
読み:チャンムヌル ヨロヨ.
意味:窓を開けます。

「~を」の韓国語の文法【特徴】

「~を」の文法には知っておいてほしい特徴が2つあります。

会話では省略されることがある

会話の中では를/을を省略して言うことがあります。

ちびかに
오늘 뭐(를) 했어요?
オヌル モ(ルル) ヘッソヨ?
今日何したんですか?
とらくん
운동(을) 했어요.
ウンドン(ルル) ヘッソヨ
運動しました。

また友達同士でのメールのやりとりの際も省略されることが多いです。でもこれは日本語でも同じですよね!

例えば「写真を見せて!」と言う時、「写真見せて!」と言ったりするのと同じことです。

わざわざ「~を」と言わなくても相手に意味が伝わる時は、会話の中では言われないことが多々あります。

ただ、文章を書くとき(仕事上のメール・手紙・テストetc)はちゃんと를/을を書かなければいけません。(TOPIKなどの記述式のテストでは書いていないと減点の対象となります)

とらくん

覚えとかないと!メモメモ

「何を」は短縮形がある

韓国語の「~を」短縮形

読み:ムォ
意味:何

「何を~」と言うとき뭐+를と書きますが、この場合短縮形の形があります。

  • 基本の形:뭐를
  • 短縮形:뭘

ちびかに

どっちを使っても大丈夫だよ!
スポンサーリンク

「~を」の韓国語の文法【注意点】

日本語と同じように使うことのできる를/을の文法ですが、いくつか注意点があります。

ちびかに

日本人が間違えやすいポイントだよ!テストでもケアレスミスを起こしやすい所だからしっかり覚えてね!
日本語とは違う를/을の使い方だな!

とらくん

「~に会う」の言い方

日本語では誰かに会う時、「~に会う」と言いますが、韓国語では「~を会う」のように를/을を使って表現します。

친구를 만나요.
読み:チングルル マンナヨ.
意味:友達に会います。

좋은 사람을 만나고 싶다!
読み:チョウン サラムル マンナゴ シプタ!
意味:良い人に出会いたい!

「~に乗る」の言い方

これも日本語だと何かに乗るとき「~に乗る」と言いますが、韓国語では「~を乗る」のように를/을を使って表現します。

버스를 타요.
読み:ボスルル タヨ.
意味:バスに乗ります。

지하철을 타요.
読み:チハチョルル タヨ.
意味:地下鉄に乗ります。

「~が好きだ」の言い方

日本語だと「~が好きだ」と言いますが、韓国語では「~を好きだ」のように를/을を使って表現します。

당신을 좋아해요.
読み:タンシヌル チョアヘヨ.
意味:あなたが好きです。

한국 음식을 좋아해요.
読み:ハングク ウムシグル チョアヘヨ.
意味:韓国料理が好きです。

뭐를 좋아해요?
読み:ムォルル チョアヘヨ?
意味:何を好きですか(何が好きですか)?

『「~を」を韓国語で言うと』のまとめ

「~を」の文法

  • 名詞(パッチムなし)+를+動詞
  • 名詞(パッチムあり)+을+動詞
  • 会話や友達とのメールでは省略可
  • 「何を」の短縮形は뭘
  • 日本語とはちがう를/을の使い方あり

名詞にパッチムがあるかないかに気を付ければすぐに使いこなせる文法だと思います。よく使う助詞の1つなので覚えてくださいね!

コメントを残す