【アルハンブラ宮殿の思い出】5話のあらすじと感想~ヒョンビン・パクシネ主演ドラマ!

アルハンブラ宮殿の思い出

こんにちは、ちびかにです!

どんどんサスペンス感の強くなってきた「アルハンブラ宮殿の思い出」

サスペンス苦手な私は手で顔を覆いながらも、先が気になってしまうのでやっぱり見てしまいますw

ということで今回も第5話のあらすじと感想をつづっていきます~

注意
感想コミコミで書いていくので、ネタバレするかも。まだ見てない人は薄目でチラッと見てね(/ω・\)

4話のまでのあらすじ

現実の世界と見分けがつかないくらいよく出来たARゲームの中でライバルであるヒョンソクと対戦したジヌ。

その戦いはジヌの勝利で幕を閉じたように思われたが、その時からジヌの周りでは奇妙な事件が起こりだす。

アルハンブラ宮殿の思い出【アルハンブラ宮殿の思い出】4話のあらすじと感想~ヒョンビン・パクシネ主演ドラマ!

5話のあらすじ&感想

夜中1時過ぎヒジュの携帯が鳴り出す

電話の女「ユ・ジヌさんそこにいますよね?電話変わって」

アルハンブラ5-1

その女は見た目はかわいいけど、いかにもビッチな感じを醸し出していた

あまりにも電話口で態度の悪い女にヒジュも頭に来たのか吐き捨てるように尋ねる

ヒジュ「あの、どちら様ですか」

電話の女「ジヌの妻だから変わってってば!!」

電話の女はジヌの2回目の結婚相手で離婚調停中の女優のコ・ユラだった

ヒジュは自分の携帯を持ったまま6階のジヌの部屋へ上がって行く

その途中、ヒジュは螺旋階段の中央を何かが落ちていくのを見た

ドスンという音がホテル中に鳴り響く

何が起きたのか分からず、恐怖におびえるヒジュだったが、とりあえずジヌに部屋に向かい、部屋を覗くもジヌはいない

不安が起こってほしくない出来事だという確信へと変わっていく

階段をかけ下りたヒジュの目の前にはピクリともしないジヌの姿が

ヒジュは泣きながら震える声でホステルに泊まっていた学生たちに助けを求めた

*****
韓国では早くもチャ・ヒョンソク死亡のニュースが流れていた

どのような状態で死亡していたのかに加え、ジヌと2004年に会社を共に創設し韓国有数の投資会社にしたこと・2014年ジヌとの経営方針の違いから独立したことなど、ヒョンソクのことだけではなくジヌとの事も話題にあがっていた

*****
救急車で運ばれ病院で治療を受けたジヌはなんとか一命を取り留めた

足は骨折しているようだが、なんとか意識はあるようだ

ちょうどヒョンソクの父であるチャ教授は、自分の息子に会うためにグラナダに来たていたが、息子よりも先にジヌの元に見舞いに来た

とらくん

え・・・息子よりもジヌを優先するって・・・どんだけやねん

*****
まだジヌとヒョンソクが2人で共に会社経営をしてた時のことだ

役員室でジヌもいる中、チャ教授がヒョンソクに往復ビンタをペシペシ

チャ教授「息子だからって自分がお前の見方をすると思うのか?!

お前が会社を出ていけ!裏切り者はお前だ!」

そのままヒョンソクは肩を落とし会社を出ていった

とらくん

めっちゃ怖いな、この父ちゃん・・・・・

*****

病室で目を覚ましたジヌは夜中ヒョンソクが自分を突き落とした事を思いだしながら、秘書に電話をかける

ジヌ「ヒョンソクはホントに死んだのか?確認しろ」

チャ教授に付き添って安置室に来ていた秘書は間違いないと答える

自分には見える剣で切られた傷跡も秘書には見えていないようだ。そして

秘書「ARゲームの話をされてますか?でも代表スマートレンズつけてませんよ」

その言葉を聞いてジヌも昨晩ヒョンソクが現れたとき、自分がレンズをつけていなかったことを思い出した

そのときヒジュと妹のミンジュが病室にやって来た

目を覚ましたジヌを見たヒジュは看護士を呼んでくると部屋を出、ミンジュが昨晩の出来事をジヌに聞かせる

ミンジュ「おじさん、ビックリしたじゃん!階段の柵に当たりながら落ちたから命助かったみたいだよ。

頭も打ってないし、足と腕の骨折だけですんだのは奇跡だってさっ!」

*****
病室に戻ってきたヒジュはジヌが携帯を扱ってることにひどく激怒する

ヒジュ「骨折してるんだから絶対安静にしてないといけなんです!」

ジヌ「でも、何でそんな怒るの?」

ヒジュ「こんな人を驚かせておいて・・・」

怒ったと思ったら今度は泣き出した

気まずいのかヒジュは病室を出ていった

ジヌはミンジュに何かあったのか尋ねると

ミンジュ「おじさんを好きだからだよ」

出会って2日しか経ってないのにそんなバカなというジヌにたいして、ミンジュはうちのお姉ちゃんどう?おじさんとお似合いだと思うけど!とヒジュをゴリ押し

ちびかに

妹よ、よくやった!(笑)

*****
病院のエレベーター前でチャ教授と秘書が話している

ジヌの骨折した左足は完治が難しく、今後も歩くのに支障をきたすようだ

チャ教授はそんなジヌを心配し、ジヌ自身も知っているのか確認すると、秘書は自分とヒジュしかまだ知らないと話す

*****
病室に戻ったヒジュは昨日奥さんから電話があったこと、電話を替われる状態じゃなかったから事故の事をそのまま話した、今奥さんが病院に到着したことをジヌに伝える

それを聞いたジヌは今でもきつい状態なのに会えば地獄に落ちるようなもんだ!連絡したヒジュに責任を取れ!と言い放つ

ヒジュは病室を出て看護士に外出出来ないよね?じゃぁ部屋を変えてもらえない?とお願いしまくる

*****
部屋で待機していたジヌは突然雷音が聞こえた

そしてクラシックギターで奏でられる「アルハンブラ宮殿の思い出」も一緒に聞こえ出す

ヒョンソクが現れる前に起きるいつもの現象だ

ジヌの目には

「敵が出現」

の文字が出る

スマートレンズをつけていないことを再度確認するジヌ

その時病室の扉をトントンと叩く音が

ジヌ「誰ですか?」

扉が開き、目の前に現れたのはヒジュだった

安堵の表情を浮かべるジヌ

だがその次の瞬間、ヒジュの後ろからスーツ姿の男性が見えた

ジヌ「扉を閉めろ!!!」

大声をあげて扉を閉めさせる

パタンとすぐに扉を閉めるもヒジュは何がなんだか分からない

ジヌが扉の向こうから話しかける

ジヌ「ギターの音聞こえるか?アルハンブラ宮殿の思い出」

ヒジュ「いいえ・・・」

ジヌ「俺だけ聞こえるのか・・・ホントにおかしくなったんだな」

そしてジヌのゲーム画面には

「待機時間が過ぎると決闘中断」

と出ている。そこから60秒のカウントが始まった

*****
外で待っていたヒジュは奥から女の人が歩いて来るのが見えた。コ・ユラだ

ヤバイ!と思ったヒジュはとっさに嘘をつき、コ・ユラをこの階にジヌはいない別の階に案内する

*****
ジヌのカウンターは残り2秒になっていた。だがその瞬間なぜか扉が開く

緊張に包まれたジヌの目の前には、病室を間違えた患者が入って来ようとしていた

とらくん

ややこしいなっ!おい!

やはりその後ろにはヒョンソクが立っていた

ジヌめがけて襲いかかってくるヒョンソクと病室中を逃げ回るジヌ

ジヌは折れた足を引きずりながらもなんとか病院の外に逃げ出していた

だがもちろんヒョンソクもそのあとを追ってくる

雨に濡れながらも逃げ惑うジヌ

ジヌの声「この日、この瞬間、確信した。

ヒョンソクの死亡は他殺だ。殺されたんだ。

俺が刺した剣で大量出血したせいだ。俺がヒョンソクを殺したんだ。

そして自分も同じように殺され、お互い復讐という形で終わるのだ」

ヒョンソクが剣を振りかざし、覚悟を決めたジヌ

次の瞬間

ヒジュ「代表!」

ジヌの前にヒジュが座り込む

ヒジュ「ここで何してるんですか?」

泣きながら話すヒジュ

ジヌの目には

「待機時間60秒」

の文字が出る

アルハンブラ5-2

自分とヒョンソクとの間を隔てたヒジュのお陰だ

怪我している足がさらに危ないことになっていることにビックリし、ヒジュはその場を動こうとする

と、その次の瞬間動こうとしたヒジュをジヌが抱き寄せる

ジヌ「ちょっとだけこうしてて。1分、どこにも行かないで」

60秒過ぎると目の前にいたヒョンソクは消えていった

*****

ジヌの声「チョン・セジュ。なぜ彼が現れないのか今なら理解できる。セジュが何を恐れていたのかも分かった気がする。

セジュも自分だけにしか見えない誰かに追われていたのだろう。

アルハンブラ5-3

はいっ!今回はここで終わり~

少しずつ現実とゲームの世界が繋がりだし、色々な点と点が繋がってきましたね~

んで、やっとヒジュとジヌの関係も進んできたような。

このドラマのサスペンスロマンスのロマンスの部分がやっとお目見えです。

私的にはもっと進んでほしいんですけど、まぁ今からに期待しましょう!

以上「【アルハンブラ宮殿の思い出】5話のあらすじと感想~ヒョンビン・パクシネ主演ドラマ!」でした~

コメントを残す