【アルハンブラ宮殿の思い出】12話のあらすじと感想~ヒョンビン・パクシネ主演ドラマ!

アルハンブラ宮殿の思い出

こんにちは、ちびかにです!

ヒョンビン・パクシネ主演ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」

今回はその12話のあらすじと感想を書いていきまーす!

注意
感想コミコミで書いていくので、ネタバレするかも。まだ見てない人は薄目でチラッと見てね(/ω・\)

11話のあらすじ

秘書のジョンフンが死んでもなおゲームを続けようとするジヌ(ヒョンビン)は、チャ教授のもくろみ通り代表の座を解任されてしまう

そんなジヌを心配するヒジュ(パクシネ)

ジヌは全てを失うも、そんなジヌを信じヒジュだけが側にいるのだった

アルハンブラ宮殿の思い出【アルハンブラ宮殿の思い出】11話のあらすじと感想~ヒョンビン・パクシネ主演ドラマ!

12話のあらすじと感想

家に帰ったヒジュはジヌに

到着したら連絡下さい

とメールを打つが、返事はいっこうに来ない

待ちくたびれ電話をするも繋がらない

何かあったのではと心配し、家を飛び出したヒジュは目の前に車が止まっているのを発見した。ジヌの車だ

1人でホテルに帰るのが嫌で、ヒジュを家まで送りそのままいたと言う

ヒジュ「ウチで寝ていって」

はじめはジヌも断るが、自分を心配するヒジュに負け工房で寝ることに

*****
自分の部屋で寝ていたヒジュだが眠りにつけないとジヌのいる工房を覗いてみると、ジヌも寝付けなかった様子だ

ヒジュはジヌの横に座り話しをする

ヒジュ「・・・一時の間、韓国を出た方がいいんじゃないかな。何が起こるか分からないじゃない」

ジヌ「何が起こったとしても逃げないよ」

ジヌの意思は固かった

*****
ニュースはジヌとヒョンソクの話題で持ちきりだった

共に会社を作り、大企業へと成長させるも2014年に決裂、ヒョンソクとスジンが不倫の末結婚したこと

そして明日ヒョンソクが変死した件でジヌが調査を受けることになったこと

そんなニュースを振り払うかのごとくヒジュは工房でギター作りに励んでいた

するとその時、ジヌからの着信が入る

ジヌ「ご飯食べよう」

ヒジュは明日の調査の件でジヌを心配するも

ジヌ「かわいくしてきてね、デートだから」

とヒジュを誘い出した

*****
食事しに向かう車の中でヒジュは調査のことが気になりジヌに大丈夫かと尋ねる

ジヌ「ニュースのことなんか単なる噂にすぎないよ」

と大丈夫だという表情を見せる

ヒジュ「でも何も準備しないで・・・」

ジヌ「俺だって準備はしてるさ」

と答えるジヌ

*****
食事中ヒジュに妹のミンジュから電話がかかる

ミンジュ「お姉ちゃん・・・」

ミンジュの声は涙で震えていた

ミンジュ「おばあちゃんが倒れた」

ヒジュの男友達が家に来て、「セジュは行方不明なんだ。セジュが送ってくるメールは別のやつが書いたものだ」と話したため、驚き倒れてしまったと言う

*****
ミンジュは1人家で泣きながらすごしていた

すると家のチャイムがなる

外に出るとジヌが立っていた

ジヌ「お前が怖がって寝れないんじゃないかと思って」

祖母は無事に目を覚ましたが一晩入院するためヒジュが付き添うことに

1人で留守番せざるを得ないミンジュのためにジヌがやって来たのだ

*****
布団を用意してくれたミンジュにおやすみと言い、リビングのソファーで寝ようとするジヌ

するとリビングに戻ってきたミンジュが尋ねる

ミンジュ「おじさん、お兄ちゃんホントに死んじゃったの?」

その質問にジヌは何も答えることが出来なかった

*****
警察署の前にはたくさんの報道陣が押しかけていた

だがそこにジヌが現れる気配は全くない

ジヌはチャ教授のいる大学に来ていたのだ

事情聴取を受けるはずのジヌが来たことに少し戸惑うながらもチャ教授は

チャ教授「どうして来たんだ?事情聴取は大丈夫なのか?」

と尋ねると、自分を陥れるためにあなたが1年掛かりで準備してきたものに敵うわけがないと言うジヌ

チャ教授「だから怖くなって再調査を取り下げてくれと頼みにでも来たのか」

ジヌ「いいえ、自分はおかしくないと証明しに来ました。

ゲームにログインし自分と同盟を組んでください」

すぐに証明できる方法だが、ジョンフンのようになってしまうかもしれないと思い避けてきた方法だ

だがこのような状況になってしまった今、この方法で証明するしかない

そう思ったジヌは教授に会いに来たのだ

教授はレンズを付け、サーバーを入れるように会社に電話する

そしてジヌのゲーム画面には

チャ教授と同盟を結びますか?

の文字が現れる

どんな結果を招くかを分かっているジヌは、ためらいながら同盟を結ぶ

ジヌ「教授は今から、自分と運命共同体です。

共に死に、共に生きるのです。最後まで一緒ですよ」

次の瞬間、大きな雷音が教授にも聞こえてきた

ジヌ「あなたが生きられる方法をお教えします。

僕から離れ、韓国から出ていくことです。IDもすぐ削除してください」

そしてクラシックギターで奏でられる「アルハンブラ宮殿の思い出」が聞こえてきた

もちろんヒョンソクが姿を表す

チャ教授「ヒョンソク・・・ヒョンソク・・・」

大きな剣を手にしているヒョンソクは自分の父親であるチャ教授めがけて歩いていった

*****
ヒジュはジヌが宿泊するホテルにいた

テレビを付けると「ユ・ジヌ 警察の事情聴取 欠席」の報道が流れている

テレビを見ながらヒジュは今朝ジヌが言った言葉を思い出していた

ジヌ「セジュを探さないといけない。まだそのチャンスが残っているから逃げなかったんだ。

そのために手伝って欲しいことがある」

クラシックギターで奏でられる「アルハンブラ宮殿の思い出」が聞こえてきた

そしてヒジュは自分そっくりのエマを目にする

はいっ!今回はここで終わりです~

最終手段を使ってではあったけど、いやぁ~ホントにチャ教授を何とか出来て良かった!

とらくん

まーじクソ親父だったなっ!

まぁなんか最初の方から憎たらしい顔と匂いを醸し出していたんでね、悪人なんだろうなぁ~というフラグは立ってたんですけどねw

とりあえず邪魔物は消えたって感じですね!

あとはどうやってセジュを探し出すのか?!まぁここが問題なんですけどねw

この後の展開にも期待します!

以上「【アルハンブラ宮殿の思い出】12話のあらすじと感想~ヒョンビン・パクシネ主演ドラマ!」でした!

コメントを残す